プレスリリース「北極から南極へ気候変動が伝わる2つの経路 ~南極アイスコアのデータから立証~」H30年11月29日

オレゴン州立大学、琉球大学の植村さん(氷床班・分担)、極地研の川村さん、本山さん、東さん、藤田さん、平林さんら国際共同研究チームによる南極アイスコアに関する研究成果が、Natureに掲載されました!

最終氷期にグリーンランドで起こった急激な気候変動が、「大気」による迅速な影響と、「海洋」によるはるかにゆっくりとした影響の2つの経路によって、南極大陸へ伝搬していたことが初めて実証されました。

 

 

「David Reinert氏(オレゴン州立大)によるイラストを植村が翻訳」

 

詳細は以下リンク先をご参照ください。

極地研のプレスリリース

論文のdoi

New&Viewsの解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です