生態系班の須藤准教授が中部ウォータークラブ例会にて「化石から探る過去と未来の地球環境」講演を行いました。

7月23日名古屋ローズコートホテルにて、生態系班の須藤准教授が中部ウォータークラブ例会「化石から探る過去と未来の地球環境」講演を行いました。

水源を浄水する上で彼らの敵となる藻類のうち、珪藻類がどのように進化・拡散してきたのか、またそれらの化石からどのようなことがわかってきたのか、環境を保全する上で何が必要なことなのか、などについて実際の顕微鏡観察を交えながら1時間半に渡る講演でした。

参加者: 中部地方の上下水道局や民間関連企業の方々 100名。

須藤さんの感想:水質評価のために藻類の観察や研究をしている人、顕微鏡などの観測装置やソフトの開発者なども降り、質問もたくさんいただき、普段とは違う充実した時間を過ごすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です