ドームふじで活動中の川村代表の共著論文がNature誌へ掲載されました!

あけましておめでとうございます.本年もどうかよろしくお願いします.

2018年最初のブログは,研究成果速報です!

今週公開されたNature誌に川村代表の共著論文が掲載されました.

Mean global ocean temperatures during the last glacial transition
Bereiter, Shackleton, Baggenstos, Kawamura, Severinghaus
Nature, 553, 39-44, 2018.

この論文(Nature誌へのリンク)は,氷床コア中の希ガスを用いて,最終氷期最盛期から完新世初期まで(約2万年前〜1万年前)の平均海水温を高分解能で再構築したものです.この結果は,気候モデルの高精度化へ,重要な制約になるとのことです.

研究内容の詳しい解説は,後日お知らせします!

 

コメント (1件)

  1. 右の方と上の方に Twitter や RSS のボタンがありますが、こちらの環境ではうまく動いていません。未実装なのでしょうか。

  2. ご指摘ありがとうございます!
    修正しました.これで大丈夫だと思いますが...
    今後ともコメント等どうかよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です