古海洋班のメンバーが国際深海科学掘削計画(IODP)第374次研究航海(西南極ロス海)で活躍中!

古海洋班のメンバーである北大低温研の関さんらが,国際深海科学掘削計画(IODP)第374次研究航海に参加中です!

本航海のテーマは,「ロス海における西南極氷床変動史」で,米国が提供するジョイデス・レゾリューション号による,新第三紀~第四紀を通じた気候・海洋変動と西南極氷床の変動を明らかにするのが研究目的です.

東南極とは大きく異なるであろう西南極氷床変動は,古気候や将来の温暖化予測のためにも重要なフィールドです.本新学術で進める東南極氷床変動との共通点・相違点などの新しい知見が得られることが期待されます!

JAMSTECのプレスリリースへのリンク→こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です