第一回GRAntarctic国際シンポ/第九回極域シンポ ジョイントシンポジウム発表・参加申込の受付を開始しました。

2018年12月3日−4日 国立極地研究所にて、第一回GRAntarctic国際シンポ/第九回極域シンポ ジョイントシンポジウムを開催いたします。(詳細はこちら

第一回GRAntarctic国際シンポジウムは、氷床海洋相互作用をテーマとして、第九回極域シンポジウムの特別セッションとジョイント開催します。極域観測モデルの関係者間で氷床海洋相互作用研究に関する最新の情報を共有し、新たな観測や共同研究および他分野への応用を促進する場として、本シンポジウムを開催します。
過去の履歴~現在の把握~未来の予測にまたがり、南極氷河・氷床及びその周辺海洋・海氷に関する、最新の無人観測技術を含む現場観測・衛星観測・数値モデル・古環境復元研究を対象としています。
ふるって研究成果の発表をいただきますよう御案内申し上げます。
本シンポジウムは文部科学省 科学研究費助成事業 新学術領域研究「熱-水-物質の巨大リザーバ 全球環境変動を駆動する南大洋・南極氷床(略称:GRAntarctic)」の主催により開催されます。

会期: 2018年12月3日(月)- 12月4日(金)
会場: 国立極地研究所 2F大会議室(東京都立川市緑町)
発表申込および講演予稿集原稿の提出期限:2018年8月31日(金) 12:00JST
※発表申込と予稿集原稿を同時に受け付けますのでご注意下さい。

http://www.nipr.ac.jp/symposium2018/registration.html
↑上記極域シンポサイトより発表申込をお願い致します。
(受理された発表は上記二日間内の発表枠に割り振られます)

お問合せ先:第一回GRAntarctic国際シンポジウム実行委員会(office@grantarctic.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です