プレスリリース「AI(人工知能)を活用した微化石の正確な鑑定・分取技術を確立」H30年12月3日

産総研の板木主任研究員(古海洋班・分担者)、一般企業による共同開発グループは、地層を構成する堆積物に含まれる多様な粒子の中から、非常に壊れやすく複雑な形態を持つ微化石を、AI(人工知能)を用いて大量に鑑定し、自動的に分取するシステムを世界で初めて開発しました。

詳細はリンク先をご参照ください。( -> 産総研プレスリリース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です