モデル班の小長谷さん, 阿部さんの気候モデルによる古気候研究の 研究成果がGeophysical Research Lettersに掲載されました!

東京大学大気海洋研究所の小長谷研究員, 阿部教授による気候モデルによる古気候研究の研究成果がGeophysical Research Lettersに掲載されました。
およそ1万5千年前の氷期から間氷期にかけての遷移期に生じた急激な温暖化イベントのメカニズムを, 全球の大気と海洋の流れと温度分布を計算する気候モデルを用いて調べました。氷期から間氷期にかけて大気と海洋が徐々に温められていくと弱い海洋深層循環が維持しづらくなり, ついには短い時間で海洋深層循環が強くなり温暖化イベントが生じることが示されました。結果からは, 南大洋域での温暖化が海洋深層の温度・塩分を変えることが深層循環の強化に寄与したことが示唆されます。今後は, 全球規模の気候や環境変動に対して南極域がもつ役割と南極域の気候システムの応答を明らかにする研究につなげることを期待します。

 

詳細はリンク先をご参照ください。(こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です