プレスリリース「南大洋の温暖化が引き起こした氷期における大西洋深層循環の急激な変化」R3年8月20日

東京大学大気海洋研究所の岡さん(モデル班・研究分担者)を中心とする研究グループは、海洋大循環モデルによる数値シミュレーションにより、氷期における大西洋深層循環の急激な変化を引き起こす仕組みとして、南大洋での温暖化がその引き金となりうる可能性を指摘しました。本研究は、氷期における急激な気候変動についての新たな知見を与えるものであり、数百〜数千年の時間スケールで生じる気候変動の仕組みの理解にも貢献する成果です。

この成果は、「Communications Earth & Environment」に掲載されました。

詳細は、以下のリンク先を御覧ください。
東京大学大気海洋研究所プレスリリース
国立極地研究所プレスリリース
論文の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です