プレスリリース「セルソーターによる円盤型珪藻の完全分離手法を確立 〜極域の海洋環境変動の高精度復元に道筋〜」R3年9月13日

神戸大学大学院海事科学研究科の井尻暁准教授(古海洋班・研究分担者)、高知大学大学院修士課程修了生の泉孟氏、高知大学海洋コア総合研究センターの加藤悠爾研究員(公募研究・研究代表者)、高知大学海洋コア総合研究センターの池原実教授(古海洋班・研究代表者)を中心とする研究グループは、セルソーターを用いた珪藻殻の形態別分離手法の開発を行い、円盤型珪藻の完全分離に成功しました。

この手法を用いて、南大洋(南極海)で採取された堆積物試料から円盤型珪藻を抽出して酸素安定同位体比を測定したところ、その酸素同位体比が、全球的な海洋環境変動の指標である底生有孔虫の酸素同位体標準曲線や、南極大陸で採取された氷床コアに記録された気温の変動と対比可能であることを明らかにしました。今後、この手法を用いることにより、過去の水温や塩分などの定量的なデータが少なかった南極や北極周辺(極域)の海洋環境の変動について正確なデータを得ることができ、極域の古海洋研究が飛躍的に進むことが期待されます。

この成果は、「ACS Earth and Space Chemistry」誌に掲載されました。

詳細は、以下のリンク先を御覧ください。
神戸大学プレスリリース
論文の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です