大藪幾美さんが2021年度日本雪氷学会平田賞を受賞しました!

2021年9月15日 国立極地研究所 特任研究員 大藪幾美さん(氷床班・研究協力者)が、2021年度日本雪氷学会平田賞を受賞されました。

受賞件名:「氷床アイスコアの微量気体・塩微粒子等の解析に基づく気候変動の研究」

受賞コメント:
「この度、日本雪氷学会より平田賞を授与していただきました。このような名誉ある賞をいただけたのも、修士・博士課程の指導教員である北海道大学低温科学研究所の飯塚芳徳准教授や、現在の上司であり本領域代表である国立極地研究所の川村賢二准教授をはじめとする、多くの方にご指導いただき研究を続けてこられたおかげです。この場をお借りして感謝申し上げます。現在は、アイスコアに保存された過去の空気からの気候変動復元に取り組んでいますが、今後も高精度データの取得を追求し続けるとともに、得られたデータを読み解き議論できる知識と力を高めていくよう、より一層邁進してまいります。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です