南極の海と氷床YouTube「南極海から沈み込む海洋大循環」公開!

新学術領域研究「南極の海と氷床」YouTubeチャンネルにて、「南極海から沈み込む海洋大循環」底層水班研究代表者の大島慶一郎教授(北海道大学低温科学研究所)作成コンテンツを公開しました。

海の一番大きな循環は南極海が起点になって駆動されます。南極の周りでは大量に海氷が生成され、低温高塩の重い水ができ、それが南極底層水として世界の海洋の深層に広がっていくのです。少し前には、日本が中心となって、未知の南極底層水生成域が発見されました。最近、南極底層水の形成量が減少していることがわかってきました。それがどうしてなのか? それによって海洋大循環や地球の気候がどうなるのか? 研究すべき重要な問題が多く取り残されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です