固体地球班の三浦准教授が「めざせ!極地の研究者」にて講師を努めました。

12月26日(水)国立極地研究所「めざせ!極地の研究者」にて、「南極の風景がもつメッセージを読む ー地形の見方・考え方・楽しみ方ー」について講師を努めました。

3Dメガネで地形図をみたり、粘土や水飴を使った実験、三浦先生のわかりやすいお話、参加者の小中学生の皆さんは夢中で聞き入ってくださいました。

この中から将来の研究者が生まれることを期待しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です