プレスリリース「Reduced marine phytoplankton sulphur emissions in the Southern Ocean during the past seven glacials」R元年8月26日

国立極地研究所の東教授(氷床班)を中心とする研究グループは、南極のドームふじで掘削されたアイスコアのイオン分析データを用いて、南極海の植物プランクトンに由来する硫酸塩エアロゾルの変動を、過去72万年間にわたって推定しました。その結果、植物プランクトン由来の硫酸塩エアロゾルは、これまでの説とは異なり、氷期に減少し、間氷期に増加していた可能性が高いことが分かりました。

極地研プレスリリース

論文の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です