プレスリリース「氷期の南極の硫酸エアロゾルはどこから飛来したのか?  〜南米アタカマ砂漠からの寄与〜」R3年12月13日

名古屋大学大学院環境学研究科の植村立准教授(氷床班・研究分担者)の研究グループは、国立極地研究所、北海道大学、琉球大学との共同研究で、南極ドームふじアイスコアに含まれる硫酸エアロゾルの硫黄同位体比(δ34S)の分析を行い、その供給源地域を解析しました。

硫酸エアロゾルは南極における主要な水溶性エアロゾル成分であり、海洋生物活動、海塩、陸域の表面など複数の起源があります。一方で、「なぜ南極の硫酸エアロゾルの沈着量は、氷期と間氷期で大きく変化しないのか?」や「氷期に陸域からの硫酸エアロゾルの供給が多いとすれば、どの地域が起源なのか?」等の未解明の問題も残されています。

本研究では、南極ドームふじアイスコアの硫黄同位体比の分析結果から、最終氷期では「陸域」を起源とする硫酸エアロゾルの寄与が大きかったことを明らかにしました。この結果は、最終氷期における硫酸エアロゾルの起源は、海洋生物活動であったという従来の有力な説と異なります。さらに、同位体比データから、南米のアタカマ砂漠周辺の高地が最も有力な供給源地域であることが分かりました。これらの結果から、極度に乾燥した低・中緯度の砂漠に存在する水溶性物質が、南極の硫酸エアロゾルの供給源の一つであることを明らかにしました。

アイスコアの硫黄同位体比とその起源

アイスコアの硫黄同位体比とその起源

砂嵐が発生した際のダスト沈着量のシミュレーション

砂嵐が発生した際のダスト沈着量のシミュレーション

この成果は、「Earth and Planetary Science Letters」に掲載されました。

詳細は、以下のリンク先を御覧ください。
国立極地研究所プレスリリース
論文の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です