A02-1 南極氷床と気候の変動及び相互作用(氷床班)

アイスコア分析や氷床氷河の現場観測を展開することで、南極氷床と気候の過去から現在に至る変動を把握し、気候・氷床モデルと連携して変動メカニズムや相互作用の理解を目指す。

研究代表者
川村賢二 (極地研・アイスコアの気体分析/古気候学/雪氷学)
研究分担者
植村立(琉球大・同位体地球化学/古気候学)
本山秀明 (極地研・雪氷学/雪氷水文学/アイスコア掘削技術)
杉山慎 (北大・氷河氷床の変動/雪氷学)
澤柿教伸 (法政大・自然地理学/氷河地質学/第四紀地質学)
研究協力者
飯塚芳徳 (北大・雪氷化学)
堀内一穂 (弘前大・長寿命宇宙線生成核種/古宇宙線変動/年代学/古環境学)
青木周司(東北大・アイスコアおよびフィルン空気の気体分析/大気物理学)
東久美子 (極地研・アイスコアの化学分析/古気候学/雪氷学)
藤田秀二 (極地研・アイスコアの物理分析を軸とした環境動態研究/雪氷学/レーダーリモートセンシング)
関宰 (北大・古気候学/気候変動学)
平林幹啓 (極地研・分析化学/雪氷学)
津滝俊 (東大・雪氷学)
大藪幾美 (極地研・アイスコア/古気候学/雪氷学)
箕輪昌紘 (北大・氷河変動/氷河・海・湖の相互作用)